■ 着席 ( 洋食 )

レストランなど係の人がいる場合は椅子を引いてくれますが、そうでないときは椅子の左側に立ち、右手で椅子を引いて左側から腰をかけます。貴重品などの入ったバックは、背中と椅子の間に置きます。テーブルと体の間は、こぶしひとつからふたつ分ほど空け、なるべく深く腰をかけて背筋を伸ばして座ると、食べやすく見た目もきれいです。

Copyright (C) All Japan Kimono Consultant Association. All Rights Reserved.