■ メール

メールは文字を使うため、正確に物事を伝えたり、直接言いにくい気持ちも伝えやすいという利点があります。しかし反面、手軽なだけに相手の気持ちを考えない無神経な内容になったり、誤解を生むこともよくあります。また周囲への気配りを忘れ、時と場所を選ばずに送受信に夢中になっている人もみかけます。便利であればあるほど、相手や周囲に対する配慮は必要です。


メールのやり取りでの注意事項

題名は忘れずにつけましょう。

ウイルスメールと勘違いされるかもしれませんし、受け取る側が戸惑ってしまいます。

知らない人にメール出すときは?

最初に簡単な自己紹介をしましょう。初対面の人とのあいさつと同様に、大切なことです。
しかし、個人情報(電話番号・住所など)を知らない人に教えない事も大切です。
注意深く対応しましょう。

チェーンメールは絶対に送らない

メールは手軽に多数の人にメッセージを送る事が出来ます。しかし受け取る側は一通一通に心をさきますし、手間もかかります。いたずらなどは絶対にしてはいけません。

感情にまかせた内容にしない

相手の人と直接話していないメールは、言葉を選ばないで気持ちのままに書いてしまいがちです。一つ一つの言葉にも相手を思いやる事が大切です

Copyright (C) All Japan Kimono Consultant Association. All Rights Reserved.